» 2016 » 10月のブログ記事

先日一週間、弟が海外出張しました。父が亡くなり母と私の二人での留守番です。初めは食事も軽くずぼらもできるねと喜んでいましたが、夜物音がして弱気になったり、瓶のふたが開かなくってあたふたしたり。別段会話をするでもない私たちでしたが、とても頼りにしているんだなって感じました。
あっという間に7日がたって無事に帰国して、駅に迎えに行った時には本当に嬉しかった!
顔を見て、道中のあれやこれやを話してくれて、それをへぇ~って言いながら聞いて。そんな何気ない時間がいとおしいものなんだなとつくづく感じました。たまに長期の出張っていいもんですね。

この春小学校に入学した息子は元気いっぱいでやんちゃざかり。お友達と仲良くしているかな、学校ではどんな風に過ごしているのかな、と心配が絶えません。自己主張も強いし生意気なところもでてきて、時には強く叱ってしまうこともあります。子育てって難しい。大変なことも多いドタバタの毎日です。
そんなある日、息子が学校からの帰り道に野の花を摘んで持ち帰ってきてくれました。はい、とぶっきらぼうに渡す息子。ちょっときゅんとしました。
今はお母さんに優しい息子。でもだんだんと親の手を離れていってしまうんだな、と思うとまだまだ甘えん坊なところもある今のかわいい時期を大切に過ごさなくてはと感じるのです。