先日一週間、弟が海外出張しました。父が亡くなり母と私の二人での留守番です。初めは食事も軽くずぼらもできるねと喜んでいましたが、夜物音がして弱気になったり、瓶のふたが開かなくってあたふたしたり。別段会話をするでもない私たちでしたが、とても頼りにしているんだなって感じました。
あっという間に7日がたって無事に帰国して、駅に迎えに行った時には本当に嬉しかった!
顔を見て、道中のあれやこれやを話してくれて、それをへぇ~って言いながら聞いて。そんな何気ない時間がいとおしいものなんだなとつくづく感じました。たまに長期の出張っていいもんですね。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.