ゾンビドラマの中でも特に好きなのがウォーキングデッドです。

このドラマは、ゾンビのリアルさやドキドキ・ハラハラ感などのゾンビドラマに欠かせない要素はもちろん、ストーリーや演技で魅せるキャラクターの感情の機微も素晴らしいドラマです。
極限状態において人間の本質が現れる様や、裏切りやお互いに利用しあう様子は、自らの生活に重ねて観ることができ、ゾンビの出現という非日常の事態の中にも、人間にとっては感情が最も大切だということを思い知らされます。
このドラマに入れ込みすぎてしまい、特にお気に入りのキャラクターが作中で殺されたときはしばらく立ち直れませんでした。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.